マクドナルト、マックのナンパが成功しやすい

マクドのナンパは店員ナンパも客ナンパも成功しやすい

cDonaldの店員は、スタバに比べるとかわいい子は少ないかもしれない。

 

でもメニューにスマイルがあるだけあって、愛想はとにかくイイ。

 

ナンパ初心者、地蔵の人なんかは、女性と話すのを慣らすためにも、注文の際に、会話をしてみてはどうだろうか。

 

と言うと、話す話題がないなどと、やらないための言い訳が聞こえてきそうなので、

 

その言い訳は潰しておこう。

 

今日は天気いいですね

 

生憎の雨ですね

 

「曇りですね、雨降のかなあ

 

ぶっちゃけ会話なんてもんはこんなもんでいい

 

地蔵や、あがり症の人にありがちだけど

 

ちょっとでも気の利いたことを言おうとして

 

緊張してしまい、結局何もやらないことを選んでしまう。

 

また、勇気出して突拍子もない事を言うと、女の子が話題についていけなくなり、
それが盛り上がらなかったという、心の傷となり、重くのしかかる。

 

ちょっと意外性を付くような話題は切り返し有りきだ。
その対応をミスると悲惨なことになる。

 

だけど、天気の話題なら、どんなに話題の合わない人、愛想の悪い店員でも

 

「そうですねー」

 

くらいは返してくれる、
貴方はそれにより、すこしほっこりとした気分になれるだろう。

 

そして、そのノリ、余韻があるうちに、他の女性客にも話していく。
ここはただの人間好きの気のいいお兄さん、オッサンを演じる。

 

面白い話、気の利いた話は何一つしなくてイイ、

 

ただ相手が返事しやすい、対応しやすい話で突破口を作る

 

これは自分に自信を持たせる、以外の効果もある

 

フット・イン・ザ・ドア・テクニック

(押し売り業者が開いたドアの間に足を入れ、とりあえず会話を始めることから、徐々に自分の要求を通していく)

 

の応用だ。

 

フット・イン・ザ・ドアのテクニックがうまくいくのは一貫性の原理が働くからだ。
人は自分が一度受け入れてしまったものを否定しにくくなる、これを活かして、普通なら断られるような要求の成功につなげる

 

 

つまりはこういうことだ、

 

 

まず、天気の話など「そうですね」を引きやすい話題でちょっと話してみる、
(私が話をしたこの人が悪い人のはずはない)
と無意識に思う。

 

後は「マックはよくくるんですかー」とか
「そのバーガー美味しそうですね、なんて言うんですか?」

 

など話を広げていってもいいし、

 

声をかけたことで、舞い上がっちゃった人は
一度自分の席に戻り、領収書などに連絡先と、「さっきの笑顔ステキでした、今度はゆっくりお会いしたいので、よかったら連絡ください」などの一文を書いて
それを帰り際に、そっと彼女のテーブルにおいてくる。

 

これなら、後腐れもないし簡単にできるでしょ?

 

で、

 

気づいた人もいると思うけど、このメッセージには連絡貰える確率を70%上げる1つ重要なファクターがあるんだよね。
答えはまたどっかで書くと思うけど、わからない人はちょっと考えてみて、考えて身につけることによって今後のナンパでかなり貴方を助けるものとなります。

 

では、今日はここまで。

 

頑張ってね!