ナンパ男との一晩のエッチ体験談

ナンパで出会った女性がやたらナンパに詳しかった

一晩のエッチ体験談

参考になる話しも多いので、執筆を依頼しみなさんに、ご紹介します。

目次
玲奈のナンパ体験談 初めてのナンパ
小奇麗な男は安心?2度目のナンパ
ナンパされやすい女とナンパしやすい男
意外な穴場?女子大生

 

玲奈のナンパ体験談 初めてのナンパ

ナンパ男とエッチ
 私が初めてナンパにあったのは中学時代、地元の書店で立ち読みをしているときだった。

 

背丈は私(当時160cm)と大体同じくらいで、言ったら悪いが非常に不潔な男性だった。

 

おどおどしながら「お茶でも飲みませんか?」と吃音気味に言われ、もちろんついて行くわけもなく丁重にお断りした。
それからは一切ナンパされることはなく、年月が過ぎ、晴れて女子大生になった私は地元よりずっと都会的な地域で大学生活を謳歌していたわけだが、その頃に私は人生で2度目のナンパにあったのだ。

 

小奇麗な男は安心?2度目のナンパ

 夕方近所のコンビニ前の喫煙スペースで吸いなれない煙草をふかしているときだった。「ライター持ってますか?」と男性が声をかけてきたのだ。

 

背丈が大体170cmほどの、大体同世代くらいの小奇麗な青年だった。初めこそ驚いたが、特に警戒することもなくライターを貸し、それからどっちともなく世間話をしたわけだが、いたって自然な印象を受けた。

 

 そして「きみ面白いね!メアド交換しようよ」と、ごくごく自然にアドレスを交換した。

 

それから好奇心も手伝って何回かメールや電話のやり取りをし、性交する関係にまでにいたったが、結局それが彼の手口であり、いろんな女の子に声を掛けていることが発覚してからは自然とフェードアウトしたわけだが、彼の会話や女の子をひっかけるテクニックは非常に感心するものがあった。そして何度か私や周りの友人がナンパされる中で、ひっかかりやすい女性とひっかけやすい男性の特徴をいくつか発見した。

 

ナンパされやすい女とナンパしやすい男

 ナンパにひっかかりやすい女性の特徴はずばり「世間知らず」ということだ。そしてここにマッチするのが「不自然さのない」男性である。

 

学力的な頭の良し悪しに関わらず、危ない目にあったことがなく、また、危険そうな人が周りにいないような女性ほど不自然ではない人間との接触には警戒心を持たないのである。
例えば、いかにもホストやヤンキーといったような風貌の男性が声を掛けてきた場合、いくら男性側が単純に女性と仲良くなりたくて声を掛けたとしても「AVか風俗の勧誘か?」と警戒感は増す。

 

また、不潔であったり、ファッションが奇抜すぎたりしても余計に不信感は増す。男性は見た目に気を付けた方がいいだろう。

 

ただ、ここで留意したいのが、男性は決してイケメンでなくても良いということだ。

 

話し掛けたときに見た目と言動に不自然ささえなければ大体は会話のラリーが成立する。そこで気を付けたいのが言動だ。
おどおどとしていたらそれだけでチャンスを逃すと考えていいだろう。

 

意外な穴場?女子大生

女子大生とエッチ
 先ほど箱入り娘はナンパにひっかかりやすいと述べたが、これに見事に該当するのがそこそこ良い大学に通う女子大生である。

 

理由として、そこそこ良い大学に通っている女子大生の多くが「入試まで真面目に勉強してきた=あまり恋愛経験がない」「比較的裕福な家庭である=悪い人間が周りに少ないから警戒心が薄い」「地元を離れて一人暮らしをしている子が多い=一人は寂しい、新しい出会いや環境に抵抗がない」という条件に当てはまることが挙げられる。

 

つまり非常に落としやすいのである。私自身この条件に当てはまるのだが、恥ずかしい話学生時代は素敵な出会いや刺激的な生活を非常に期待しており、また、親元を離れたことで知らない人や親には言えないような体験への抵抗がだいぶ薄れていたことを自覚していた。

 

また私に限らず周囲の女子大生の大半が同じような状態であったことからも、なかなかに説得力があるのではないだろうか。箱入り娘ほど案外高嶺の花ではないのだ。
 ナンパをしてみたい男性は是非一度大学周辺や学生が集まるような場所へ赴いて女子大生へのナンパに挑戦してほしい。

 

仮にもし駄目だった場合は気を落とさず「ああこいつは生理なんだな」ぐらいの気概で次々と数をこなしてテクニックを磨くのも手だろう。

 

ネットでナンパを磨く場所

ちょっとエッチな女性の溜まり場

18禁 出会い ランキング

 

最初から読み直す