女性が付いて行きたくなる路上ナンハ?・印象悪い路上ナンハ?

こういうのは女性視点が一番!ということでM美さんに路上ナンパについて書いてもらいました。

やはり、男女の出会い方ってたくさんあるけれど、昔も今も早くて確実な方法というとナンパではないでしょうか?
女性だって、よっぽど忙しくない限りはナンパされて悪い気はしません。

 

とはいえ、タイミングや声の掛け方を間違えるとただの危ない人です。
無視されるだけなら良いですが、大声で叫ばれて通報されてしまったり、たまたま通りかかった正義漢に、言い訳するヒマもなくボコボコにされたら笑えません。

 

それに、住宅街ナンパの危険性というのは
彼氏とのデート中に声をかけてしまう
というものもあります。

 

たとえば彼氏が駐車場にバイクを取りに行ってるのを待っている瞬間だったりすると、彼氏とはち合わせたときは気まずいどころの話ではありません。

 

間違っても住宅街でのナンパはやめておきましょう。

 

どんなに絶世の美女が挑発的な服で歩いていても、人気の無い住宅街で声をかけてはいけません。
不審者扱いされますし、警戒されてしまっては元も子もありません。

 

なるべく明るくて人通りの多い繁華街やイベントで声をかけましょう。

 

言葉づかいも大切です。
「来いよ」
なんて偉そうに言って本当に女性が来てくれるのは、超絶イケメンの御曹司しかいません。

 

なるべく丁寧に、だけど重苦しくならないように、くらいの話加減が良いでしょう。

 

地方から出たての男性ならば、あえて方言を隠す必要もないかもしれません。

 

知的なネタを売りにしているような若手芸人さんの敬語の使い方を覚えるくらいが、初対面の人との話し方としては親しみやすさがわきやすいと思います。